健康な方も今後もこのまま健康度を維持するためにも予防処置をお勧めいたします。

定期的な検診により

  • お口の中のトラブルを発見
  • あなたに合ったブラッシングのアドバイス
  • フッ素塗布などの歯質の強化
  • 予防的な歯列矯正
  • 歯の表面の歯石除去
  • ハグキの裏側の深い部分の歯石除去

80歳になっても20本の自分の歯を保ちましょう!→8020運動

※予防(むし歯、歯周病)プログラムを導入いたしました。 検査試料代:¥3,000(税込)

唾液検査で何がわかるの?

・KunKun dental;世界初AI×センサーの口臭(VSC臭)測定器でなにがわかるの?

 ※VSC臭とは;揮発性硫黄化合物(VSC:Volatile Sulfur Compounds)のことで

  ・硫化水素(H2S)

  ・メチルメルカプタン(CH3SH)

  ・ジメチルサルファイド((CH3)2S) などから成ります。

口臭の大部分(80%以上)は口腔内の気体由来であり、その主要原因物質は揮発性硫黄化合物(VSC:Volatile Sulfur Compounds)である硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド[(CH3)2S]です。その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%占めます。これら揮発性硫黄化合物は、口の内に生息している嫌気性菌が唾液・血液・剥離上皮細胞・食物残渣中の含硫アミノ酸を分解・腐敗することで産生されます。
産生部位としては、辺縁性歯周炎・口内炎・壊死性軟組織疾患・口腔癌などの疾患病巣、あるいは舌苔や貯留唾液があげられます。このうち歯周病・舌苔が原因のほとんどを占め、この両者では舌苔からの産生量の方が多いといわれています。また通常は硫化水素の割合が多いのですが、歯周病患者はしばしばメチルメルカプタンの割合が高くなります。(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより引用

検査結果より虫歯リスクが高い方はフッ素コートをお勧めしております。

●フッ素コート \2,000(税込)
 エナメル質強化