親知らずは抜かなくて良いものもありますが、肝心なのは抜く方が良いのか?抜かなくて良いのか?の診断です。

抜くのが良い場合には手順など十分な検討と準備、計画が重要になります。